• WEB問診はこちら
  • 03-5856-2450

北綾瀬とうわクリニック 内科・整形外科・皮膚科・小児科

  • 駐車場完備
  • 院内WiFi完備
診療時間
  • 〒120-0003 足立区東和5-12-13 小田萬ビル 2F
  • 03-5856-2450
  • WEB問診はこちら WEB問診について

診療ブログ

  • 2020-11-15

新型コロナウイルス感染について知っておいていただきたいこと

発症前から(症状がないときから)感染力がある

風邪やインフルエンザは、咳や熱など、発症してから人にうつしてしまう感染力が出現します。ところが、新型コロナウイルスは、発症の2日前より感染力があることがわかっています。

発症後も7日~10日程度感染力があることから、感染力は、発症前後でおおむね2週間程度あると考えられています。(そのため、出入国等の際、2週間の隔離期間が設定されているのです)

 

症状のない感染者が50%以上いる

感染から治癒まで、まったく症状のない感染者が50%以上いる80%とする報告もあります)といわれています。つまり、自覚症状がなくても、感染予防だけではなく、感染拡大防止を意識することが重要です。

 

感染の確認をするためには、PCR検査等をうける以外に方法はない

症状の多くは、発熱、咳、倦怠感、呼吸苦です。他に、味覚障害、嗅覚障害が15%程度、下痢は10%程度に認められます。

ただし、風邪や副鼻腔炎、蓄膿、扁桃腺炎、ウイルス性胃腸炎でも同様の症状は出現します。つまりコロナ特有の症状というものがないため、診断を確定するには検査をうける必要があります

 

4日以上症状が持続する方、周囲に感染を疑うまたは感染者がいた方、多人数での会食などの後に症状が持続する方は、東京都発熱相談センター03-5320-4592に相談するか発熱外来を受診しコロナ感染診断のための検査を受けることをお勧めします

 

感染している人がPCR検査をうけても、10人中2~3人は陰性になる可能性がある

インフルエンザ感染診断の迅速検査を受けて、最初は陰性、後日再検査したら陽性だったという経験はありませんか?

検査を行うタイミングにもよりますが、同じように、新型コロナウイルスに感染していても、PCR検査で必ず陽性になるわけではありません

コロナウイルスのPCR検査の感度は70%台といわれています。つまり、感染している方が検査をうけても、10人中2~3人が陰性となり、見逃されてしまう可能性があるです。そのため、疑わしい場合は、数日おいてから再検査をする必要があります。

逆に、PCR検査で陽性となった場合、実際に感染していない確率は1%以下です(特異度99%)。陽性となった場合の診断率は非常に高い検査です。

 

PCR検査が陰性だから絶対感染していない、とはいえないため、たとえ検査で陰性と判断された後でも、発熱や倦怠感などの症状が持続している方は、ご家族や周囲の方にうつさぬよう慎重に行動していただき、発熱外来を再受診するようお願いします

 

 

症状がなくても感染している可能性がある、人にうつす可能性があるということも常に意識していただき、日ごろから感染予防に努めていただきますようよろしくお願いします

北綾瀬とうわクリニック

〒120-0003
足立区東和5-12-13 小田萬ビル 2F
電話番号 03-5856-2450

診察ご希望の方へ
事前のWEB問診に
ご協力ください

当院では受診前にWEBでの問診システムのご記入をお願いしております。
ご来院前に事前に問診をご記入いただきますと受付がスムーズとなりますので、是非ご協力ください。

メニュー

アクセス

診療受付時間

PAGE TOP