• WEB問診はこちら
  • 03-5856-2450

北綾瀬とうわクリニック 内科・整形外科・皮膚科・小児科

  • 駐車場完備
  • 院内WiFi完備
診療時間
  • 〒120-0003 足立区東和5-12-13 小田萬ビル 2F
  • 03-5856-2450
  • WEB問診はこちら WEB問診について

診療ブログ

  • 2019-10-06

ケガを早くきれいに治すコツは、乾かさないこと(湿潤療法)

  • 傷は十分に洗いながす
  • 傷は乾かさない、カサブタをつけない
  • 傷は消毒しない

当院では、ケガやキズは湿潤療法にて治療しております。

湿潤療法とは、従来の処置に比べ、痛みを軽減しきれいに早く治すケガの治療方法です。市販品のジョンソン&ジョンソンの「キズパワーパッド」は、この治療方法を用いたものです。

近年の外傷治療は、この治療方法が基本になっています。ポイントは、①十分に洗い流す②乾かさないこと③消毒しないことです

十分に洗い流す

傷が化膿する原因は細菌です。この細菌、実は皮フに一定数が存在しています。なぜ感染しないのかというと、細菌の数が少ないからなのです。

土や砂、血液や「かさぶた」といったごみがあると、これらが栄養分となるため、細菌は一気に数100~数1000倍に増殖、その結果、感染・化膿します。

つまり、キズを洗い流し、ごみを取り除けば、感染・化膿は起こらないのです。
キズを洗い流すには、水道水(流水)が最適です。水道水は塩素消毒してあり、雑菌がほとんどいないからです。

乾かさない

皮フにキズがつくと、体液(=「うみ」ではありません)が染み出てきます。この体液には、組織の修復と再生を促す成分がたくさん入っています。

キズを乾かすと、体液が渇いて「かさぶた」となり、感染の原因となります。また、キズが空気にふれることにより、皮下神経が刺激され、痛みが強くなります。

被覆剤(医療用シール)または多めの軟膏でキズを覆うと、体液が乾かず、皮下神経を保護できるため、キズの治癒が促進し痛みが軽減します。

消毒しない

キズを消毒して染みたという経験はありませんか?実は、消毒液は細菌のみならずヒトの正常な組織も破壊してしまうため、痛みがでるのです。

ケガした直後は、細菌はとても少ないため感染が成立しておらず、消毒する必要がないのです。消毒してもキズはなおりますが、消毒をしないほうが、痛みもなくキズの治癒が早まります。ただし、キズの状態により、消毒が必要な場合もありますので、医師にご相談ください。

 

当院では、ケガやキズは、乾燥しないように被覆剤または軟膏で覆います。

被覆剤は、キズの状況にもよりますが、1~3日毎に取り替えます。貼りっぱなしでよいので、自宅で処置をする必要がなく、通院も2~3日に1回ですみます。ある程度の防水性がありますので、シャワーを浴びることができます。

軟膏処置の場合、軟膏を塗って絆創膏またはガーゼで覆ってください。ガーゼを使用するときは、やや多めの軟膏をぬって、ガーゼがキズにはりつかないように注意してください。

バンドエイドは長時間貼付していると、傷が白くむくみ、悪化してしまいます。バンドエイドは、あくまでも一時的な被覆材ですので長時間貼付しないように気を付けてください。

顔のケガでキズ跡が気になる方や、膝のケガがなかなか治らないとお困りの方など、いつでも声をおかけください。

北綾瀬とうわクリニック

〒120-0003
足立区東和5-12-13 小田萬ビル 2F
電話番号 03-5856-2450

診察ご希望の方へ
事前のWEB問診に
ご協力ください

当院では受診前にWEBでの問診システムのご記入をお願いしております。
ご来院前に事前に問診をご記入いただきますと受付がスムーズとなりますので、是非ご協力ください。

メニュー

アクセス

診療受付時間

PAGE TOP